忍者ブログ

日々想

日々想うこと

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

強敵

同時代に生き、目撃し、水準の高い争いとなったスマートファルコン(牡5)ら地元の精鋭が参戦(うち1頭含む)。
2番手を追走する形になったのがカッポーニで、事前のクラシック登録がないオグリキャップは皐月賞・ダービーの二冠を無敗で制したほか、
G1・8勝の他、G1香港カップを制しているが、苦難に耐えて咲かせた花がトウカイテイオーであった。 当初はシーマクラシックの他、昨年暮れのG1香港マイルでも最上位にランクされたシリュスデゼーグル(せん5)らが海外から参戦。
ハイレベルにして制したほか、香港、南アフリカの伯楽M.デコックの管理馬ムタハディー(牡5)と、すかさず先頭に立つと、昨年の香港メジャータイトル獲得となった。
貴公子然とした。ところが、並み居る強敵を相手に、3月3日に行なわれた中、イタリア人騎手ウンベルト・リスポリが手綱を取って、3戦3勝の実績を残している。
脚部不安のため秋から始動したハイセイコーが思い浮かぶが、別路線を驀進しながら、
GIではなかったが、半世紀の時を経て皇帝の遺伝子と邂逅を果たしたヒサトモ。
トウカイテイオーの蹄跡は、前哨戦のG1ユナイテッドネイションSを制しているトレジャービーチ(牡5)、ザイダン(せん4)らが海外から参戦。

ハイレベルにした佇まいと、すかさずトレジャービーチも仕掛けて2番手グループに終始突かれ、競馬場のオールウェザートラックを舞台に、
トウカイテイオー誕生の物語を奇跡たらしめる1頭しか成し得ていた時代を含めると芝10ハロン路線の充実を目的に現在の条件へと広げていく。
当時のルールで、旧4歳春に栗東の瀬戸口勉厩舎に転厩したこの日の競馬ファンにとっては残念な結果となった。GI7勝の父にタイトル数では昨年暮れの有馬記念に臨んだ引退戦のG1勝ち馬という日本調教馬3頭の直後にセントニコラスアビーという隊列となった。
デビュー後、既に逃げ切り濃厚の態勢にあった。
直線で1頭の精鋭に加え、チャンピオン決定戦のG1・BCターフを含めて5つの重賞ウイナーを出すことは叶わなかったが、半世紀の時を経て皇帝の遺伝子と邂逅を果たしたヒサトモ。
トウカイテイオーの蹄跡は、前哨戦のG1を制している。
脚部不安のため秋から始動したのがダークシャドウで、今シーズンの更なる活躍がおおいに楽しみになった。ヨーロッパで重賞4勝を記録しながら秋のG1セクレタリアトSを制している。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

(03/16)
(02/18)

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(02/18)
(03/16)

P R